ハゲを予防する方法

ハゲを予防するには頭に受ける紫外線のことも考える必要があります。ここでは紫外線の怖いダメージとその対策を紹介します。

ハゲを予防する方法 > ハゲを予防するには紫外線対策も大事

ハゲを予防するには頭に受ける紫外線のことも考える必要があります。ここでは紫外線の怖いダメージとその対策を紹介します。

紫外線がどう影響するのか

女性であれば紫外線の対策は敏感になっていると思いますが、男性は割りと無頓着なんじゃないでしょうか。

しかしこの紫外線が結構やばいんです。

まず髪に直接あたると、髪の毛の一番外側のキューティクルを傷つけます。

キューティクルは何層にも重なっているので完全に剥がれてしまうというのは中々ないですが髪の毛自体が細くヘタっとなってしまいます。

また頭皮に紫外線があたるとさらにひどいです。

軽いレベルで頭皮の炎症。

もし頭皮の奥の毛母細胞までいってしまうと髪の毛を作るサイクルに支障が出てしまい、成長途中の毛が抜けてしまったりするんです。

紫外線にはどんな対策が有効?

一番使いやすのは日焼け止めです。

ベタつかないの?と思うかもしれませんが最近は髪用の日焼け止めなどもでてきており、べたつくことはほとんどありません。

また飲むタイプの日焼け止めというのもでてきており、これを飲めば全身に作用するため頭皮も守れます。

ベストはスプレータイプと飲むタイプの日焼け止めの組み合わせですが飲むタイプのやつは結構高いんですよね。

なので個人的にはスプレータイプのみでいいんじゃないかなと思ってます。

頭に日焼け止めはつけたくないということであれば帽子ですね。

仕事がらかぶれないという人もいるかもしれませんが、。

帽子は被ったほうがいい?被らないほうがいい?

帽子を被るというと蒸れちゃうんじゃ?と思うかもしれません。

はい、確かに帽子を被ると蒸れます。

そしてそれは頭皮にとってはよくありません。

しかし紫外線を直接受けるほうがダメージは大きいんです。

帽子も1日中かぶっているわけではありませんよね?

2~3時間に1回くらいは脱いだりすると思うのでそのくらいであれば帽子をかぶっていたほうがいいです。

また帽子は清潔じゃないとダメなので簡単に洗えるコットンタイプのものがいいですよ。